何でもない500円硬貨が2000円の価値があるかも?

製造年月日によっては数千円の価値がある

通常の硬貨は表面に書かれている金額以上の価値は無く、その数字通りの価値しかありませんが、製造年月日によっては500円硬貨でも2,000円近い価値が出たりします。例えば一般的に言われているのが、昭和62年の500円硬貨です。発行枚数が通常の500円硬貨よりも比較的少ないため、市場で額面以上の価値で取引されることも多いです。
ですので、もし500円貯金などをしていて、大量に500円玉があるという方は一度硬貨の製造年月日を確認してみるとよいでしょう。そして見つけたら、硬貨の買取店やネットオークションを使って売却する手も有ります。珍しい硬貨を欲しがっている方も沢山いますので、その人たちに売却して自身はちょっとした小銭を稼ぐのも良いです。

同じ500円硬貨でも記念コインはもっと高いこともある

また、500円硬貨は記念コインなどでもよく利用されるもので、その場合は昭和62年の500円硬貨よりも高い価値が出てくることも有ります。高いものは3,000円近い価値があったりします。記念コインは普通の買い物でも利用することができることもあって、お釣りとして使われることも極稀にありますので、もし記念コインがお釣りの中に入っていたらそれを使わずに保管をしておきましょう。
売却については古銭お買取りショップなどで売ると簡単です。最近は宅配買取などで売りたい古銭や珍しい硬貨を一枚からでも買い取ってくれるお店も沢山あります。価値の高い硬貨は額縁に入れて飾っておくのも良いですが、コレクターでない方は売るのもお勧めです。