あなたのおうちにも宝物があるかも?古銭は今や宝です!

古銭は大判小判だけではない!記念コインも古銭に含まれています

古銭と言うとどのような貨幣をイメージされますでしょうか。
恐らく、江戸時代の大判や小判、穴銭等をイメージする人は多いのではないでしょうか。
大判や小判は金が材料になっているのに対し、穴銭は胴を使っていますよね。金や銀、銅と言うのは古くから活用されて来た事が古銭を通じて知る事が出来ます。
古銭は明確な定義と言うものはありませんが、昭和の時代に入って通用されていた旧5円硬貨や1000円札なども古銭に含まれています。
オリンピックや万国博覧会が開催された時に発行された記念コインも古銭に含まれているのです。
尚、集めていた古銭を売りたいと言った場合には、古銭を買取りしているお店をネットで見つければ売却する事が出来ますよ。

いびつな形状をしている古銭もあります

古銭の中にはとてもお金とは思えない形状をしているものもあります。
豆板銀は江戸時代に通用されていた銀貨の一種、丁銀はナマコのような形をした銀貨の一種で、何れも秤量貨幣と呼ばれています。
豆板銀の形は、色々な形状があるのが特徴で、大きさも小さなものから大きなものまで様々です。
家の中を整理していたら古銭が見つかり、その中に豆板銀や丁銀と言った古銭が含まれている場合、豆板銀や丁銀は何だろうかと考える人も多いのではないでしょうか。
いびつな形状をしている豆板銀や丁銀も、その時代に通用された貨幣の一種であり、現在こうした古銭の現存数自体が少なくなっているため希少性を持ちます。
もし、このような古銭が見つかった時には、腕のある鑑定士がいるお店を利用して売却するのがお勧めです。